ファミリーなキャンプ

ほとんどが一人で行っているキャンプ。
今回は母、妹と共に行ってきました。
レアケースです。

○きっかけ

母は昔からキャンプに行ってみたかったらしい。
出来れば、そこで星空を見たいと。
祖父が大腿骨を骨折、そして施設に入り泊まりで出掛けたりと余裕ができた母を連れて行ったわけです。

母は還暦を迎えたんですが、60歳って人生において節目な気がします。

大きな病気をしたり、癌などで亡くなったり。

「孝行したい時分に親は無し」

よく聞く言葉です。
実家暮らしなので、親が少しずつ、段々と衰えてきた事が分かります。

自分も30超えたので仕方ないけど、なんかちょっと切なくなるよね。

そんな母の願いを叶えるべく、今回のキャンプ、決行しました。
母と二人ではシュールなので、父と妹を誘う。
父は趣味の、そば打ちを披露するイベントがあるらしく不参加。
母曰く、「お父さん、自然と戯れるとか好きじゃないからね」と。
確かに父は田舎育ちで川遊びから何から体験してるし、じっとしている事が嫌いなフシがあるからなあ。

○台風来てるんだが…

キャンプ場は那須塩原市にある、那須たんぽぽ村キャンプ広場。
何回か世話になっている広大なフリーサイトの芝生広がる、なかなかグッドなキャンプ場。
安いところにしか行かない僕からすると、お値段、ちょい高。

那須たんぽぽ村キャンプ広場。
この広さよ!
さらに、この隣にもフリーサイトがある。
とりあえず予約しまして、天気予報を確認。
今年は秋雨前線が毎週末悪さをして、微妙な天気&予報が難しいようでコロコロ変わる。
女心と秋の空?
天気は御機嫌をとっても良くならないけどね!
日が近づくにつれ、なんと台風が日本に来るみたいで…
やれやれ、せっかく親孝行しようとしているのに、なんて空気が読めないんだチャーミー。
それでも前々日の予報では日曜夕方までなら風もあまりなく、雨もまだ大丈夫そう。
風がほとんど無いなら雨でもいいや、日曜の朝飯食べて、ゆっくりしたら帰宅しよう決行確定。

○出発

土曜日は午前9時に発。
途中買い出しして、何やかんや昼前に到着。
幸い天気はメチャ小雨。この隙に設営したい。
まずはタープ。次に母と妹が使うテント。
ダンロップのr226。
寝床は2人に設営してもらう。寝床のテントは自分でやらなきゃよ!
僕は今回、ニンジャタープとネスト。

今回の寝床たち。
設営中どころか夕方まで小雨で、予報通り風も無く助かった。
1時間弱設営したあとは、お待ちかねのビール。
ツマミは、まず馬刺しと焼き鳥。
道中にある絶品の肉屋(石原食肉店)に寄って買って来ました。
相変わらず馬刺し旨い
妹は「昼間からお酒かー。夜も飲むのにどうしよう!」なんてニヤニヤしてました。
妹よ、キャンプって良いだろう??(笑)
続いてチーズフォンデュ。具はエビ、パン、アボカド、ウインナー。
夕方、サイト内を散策。
山栗が転がっていた。もう秋だなあ。

ふっくらした山栗。
夜は鍋。少し肌寒く、ホットワインを飲みながらタブレットにて映画鑑賞。
ちょっと、らしくない演出をして楽しんでもらった。
星は残念ながら見えなかったので、次回にリベンジですな。


キャンドルランタンの余り+アボカド=なんかいい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です